So-net無料ブログ作成
検索選択

余興ゲーム「新郎へ拍手!ブーイング!」 [披露宴余興・二次会]

■余興ゲーム「新郎へ拍手!ブーイング!」

スピーチする時に、列席者の皆さんに協力して頂きます。
右手を真上に上げたら拍手、右手を横にしたらブーイングを
列席者の皆さんにお願いします。
余興の進行役はスピーチの最初に、
「実はスピーチは苦手なので、できましたら皆さんに協力して頂きたいと思います
右手をこのように真上に上げたら盛大な拍手。横の場合はブーイングをして下さい」

と前置きをして話し始めます。

「私は、新郎とは、幼稚園からの幼馴染で、
 とても仲が良かったんです」(盛大な拍手)
「自分で言うのもなんですが、
私は、とてもやさしい子供でした」(拍手)

「新郎もやさしい子供でした」(ブーイング)
「えっ、ブーイングってことは、
 皆さん知ってたんですか、
そうなんです、実は彼はいじめっ子でした」(拍手)

「すごい悪だったんです」(拍手)

「当代きっての悪だったんです」(盛大な拍手)

「皆さんの仲でもいじめられたという人
ちょっとブーイングしてみてください」(ブーイング)

「でも、最近新郎は変わりました。
会社でも人気者のようです」(拍手)

「なぜ、変わったか、新婦と出会ったからです。」(盛大な拍手)

「新郎は、新婦と出会い、
 思いやりというのを身につけました」(拍手)

「私も実は、新婦のような方が好きです」(ブーイング)

「それはいけませんね」


こんな感じで、幼少のエピソードなど、
ちょっと誇張したりして話します。
学生時代、会社の仕事ぶりなど、いろいろな話でもできるかと思います。

最初は新郎を落として、最後は盛上げる、
拍手とブーイングのタイミングをうまく、使ってください。

最後は
「すばらしい新郎新婦はまさに理想のカップルです。」(盛大な拍手)
などと話、右手を高々と上げましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。